×

CATEGORY

 
  instagram  facebook  line

LINEお友だち登録で10%OFFクーポンがもらえます! 
 
 

bilingual

 
Yahoo
 
10,000円(税込)以上で送料無料

ジュエリーの選び方

CONTENTS

CATEGORY

脳のしくみ

脳のしくみ

あなたは何かをするときに関係のないことやものや人が決まって頭に浮かぶことはありませんか?

私は顔を洗うときになぜかある俳優さん(男性)のことが頭に浮かびます。
しかも必ずあるドラマの一シーンで出てきます。

ある場所に行くと全然関係のない光景がいつも思い浮かびます。
なんでだろうとその度に疑問に思っていました。

ずーっと不思議だったのですが、最近ある本を読んで納得がいきました。
脳には色々な回路が複雑にあって、一度つながったことやものや人の回路は残るらしいです。

それは行動だったり、言葉だったり、匂いだったり、味覚だったりなんでもありでつながるみたいです。

その強さはそのときの衝撃の度合いで決まるので、その後も強いまま残ったり、だんだん弱くなっていったりするそうです。
多分顔を洗いながら(?)ドラマの一シーンを見たのか、ドラマを見ながら顔を洗おうと考えていたのか
そのときに顔を洗うという行為とそのドラマの一シーン(俳優さんが出ていた)の回路がつながってしまったのですね。

だから何かを覚えたいときは関係性のあるものも一緒に覚えると効果的だそうです。
私も最近は単発で人の名前を覚えるのが困難になって来たので、歴史上の人物や芸能人の名前と関連させて覚えるようにしています。
例えば... 伊賀さん=伊賀忍者 のぶこさん=織田信長 みたいな.....

あと納得したことが、子供のころに聞いた話は、後に実際に経験した記憶となって脳に残ることもあるそうです。
実際私も本当にあったことか、人から聞いて自分が想像したことだったのかさだかでない記憶があります。

脳って本当に面白いですね。
その本によると、記憶はかなりいい加減で、あとから自分の都合の良い方に上書きされたりするらしいです。

その本を読んで、今まで不思議だったことが「そういうことだったのか〜!納得!!」ということがいっぱいあって難しいけど面白かったです。

ちなみに本の名前は「脳にはバグがひそんでる」ディーン・ブオノマーノ著でした。


  

 

2021-07-10 09:57:04

オーナーデザイナーのブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント