×

CATEGORY

 
  instagram  facebook  line

LINEお友だち登録で10%OFFクーポンがもらえます! 
 
 

bilingual

 
Yahoo
 
10,000円(税込)以上で送料無料

ジュエリーの選び方

CONTENTS

CATEGORY

うちの猫さまたち

うちの猫さまたち

あなたはペットを飼っていますか?

うちには2匹の猫ちゃんがいます。
7歳の薫ちゃんと9歳の翠ちゃんです。
どちらも保護猫の女の子です。

猫も人間と同じで、それぞれ個性があり、それぞれに合わせて対応しないといけません。

薫ちゃんはオレオレタイプで、私も尊敬する超ワガママさんです。
翠ちゃんはおとなしくて殆ど寝てばかりいる優しい猫さんです。

なので、うちの中では、薫さま、私は下僕。
翠ちゃん、私は母親兼お友達。

というスタンスの家族構成で成り立っています。

動物病院では翠ちゃんはいつも「本当に素直に診察させてくれました。いい子ですねー。」とお医者さんに褒められます。
薫ちゃんは真逆で、暴れまくって診察のあと2-3日はライオンのように低いドスの効いた声で唸り続けます。

先日、新しい動物病院で健康診断のため診察室にリュックごと預けて待合室で待っていたのですが.....
10分もしないうちに、「薫ちゃん、すごい怒って何もできません!今日のところはこのままお帰りください。」と戻されました。

猛獣モードに入ってしまったようです。
以前も検査などで預けると、猛獣モードにスイッチが入り恐ろしいことになりました。
朝預けて、夕方お迎えに行って待合室で待っていると、奥から虎かライオンか狼かというすごい吠え声が聞こえました。
ここはどんな獰猛な動物を預かっているのかと思っていたら、なんとうちの薫ちゃんの吠え声でした。
怒らせると怖い薫ちゃんなのです。

でも、私がついていればなんとかワクチンなどの注射くらいはさせてくれます。
預けてひとりになるとだめみたいです。

そんなわけで、検査できずに帰ってきたのですが...
あれ?
歩き方がおかしい...
後ろ足びっこ引いてる....

病院に電話して聞いたら、暴れて診察台から落ちたみたいです。
薫ちゃんは体重が6.75kgあって、ちょっと肥満体なのでもしかしたらくじいたかもしれませんとのこと。
(ちなみに翠ちゃんは3kg前後です。)

病院に健康診断に行って、健康診断しないで怪我して帰ってくるとは.....
しかも、薫ちゃんはとっても重いので、リュックに背負って自転車運転は結構大変なのです。

薫ちゃん、笑えないよ....

その後、足は自然に治ったみたいです。

そんなわがままなオレオレ薫ちゃんですが、毎日一緒に寝てくれます。
飼い主のベッドで一緒に寝てくれる猫はそれほど多くないようです。

横でぐうぐうかすかないびきをかきながら爆睡する薫ちゃんと眠るのは、至福の時間です。
翠ちゃんがたまーにベッドルームに入ると、薫ちゃんが猛烈に怒って追い出します。
独占欲の強い薫ちゃんなのです。

そんな薫ちゃんですが、大きな音に滅法弱く、雷が鳴るとお地蔵さまのように固まってしまいます。
うずくまって動かないので、具合が悪いのかと心配したら、実は雷が怖くて動けなくなっていたのでした。
そんな時、翠ちゃんは全く動ぜず何食わぬ顔で薫ちゃんを見ています。

お客さんや修理の業者さんが来ると、ピンポンが鳴っただけで薫ちゃんはダーッと走ってクローゼットの奥に隠れますが、翠ちゃんは動じません。

そんな感じで、気の強い薫ちゃんと優しいけど物事に動じない翠ちゃんの、ひとりと二匹で穏やかに暮らしています。
つくづく思いますが、猫には神様が入ってるような気がします。
こんな美しい生き物たちと暮らせて毎日が夢みたいです。
薫ちゃん、翠ちゃん いつもありがとうね。


  











 

2022-05-14 15:36:14

オーナーデザイナーのブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント