×

CATEGORY

 
  instagram  facebook  line

LINEお友だち登録で10%OFFクーポンがもらえます! 
 
 

bilingual

 
Yahoo
 
10,000円(税込)以上で送料無料

ジュエリーの選び方

CONTENTS

CATEGORY

最近のタンゴ事情

最近のタンゴ事情

あなたはアルゼンチンタンゴご興味ありますか?

ショップの名前がなぜプーロタンゴかと言うと、昔アルゼンチンタンゴのスタジオを経営していて、アルゼンチンダンサーのビザを取るためには法人の方が便利なので作った会社だからです。

新宿の明治通り沿いにスタジオがあって、今では日本タンゴ界の重鎮の方や大ベテランの方たちがまだ若手の頃に遊びに来てくれていました。

その頃はアルゼンチンタンゴを踊れる場所はあまりなくて、踊る人も限られていて、結構レアな世界でした。
レッスンの時間は明るいですが、ミロンガというダンスパーティーの時間になると、妖しげなほの暗い中でキャンドルを灯し、お酒などを飲みながらタンゴを踊ります。

タンゴは大きくサロンタンゴとショータンゴに分かれていて、サロンタンゴは基本のステップを知っていれば知らないどうしでもすぐに踊れる即興的なダンスで、ショータンゴは舞台などで踊る華やかな振付のダンスです。

ミロンガタイムではサロンタンゴを踊ります。

六本木のショップをオープンする一年前にアルゼンチンタンゴのスタジオをクローズしました。
それからなんと15年も経ちました。

そして、今はFBなどを見ているとすごい数のスタジオやミロンガが日本全国にあるみたいです。
タンゴ愛好家にとってなんと恵まれた環境か....

大勢の本場アルゼンチンから来日しているプロダンサーが数えきれないほど日本でタンゴを教えています。
そして、昔初心者だった日本のダンサーが頑張ってくれて、いまや大勢の方たちがプロダンサーとなって教えています。

この15年間でコロナ禍を乗り越え、日本各地にじわじわと広がって、人口も増えているようです。

プロの方達はコロナ禍は本当に大変だったと思います。
なにせ、身体を密着させたり、顔と顔をくっつけたりして踊る(男性のリードによります)ダンスですから。

それでもマスクをつけながら踊って、頑張って今を迎えて、今まさに束縛から解放された喜びを感じる華やかなタンゴイベントが各地で開催されています。

私はといえば、今は月に1〜2回くらい知り合いの主催するミロンガに行くだけです。
タンゴが鳴り響くほの暗いミロンガ会場のドアを開けるときは胸がときめきます。

ミロンガは場所と選曲も大切な要素ですが、一番重要なのは人です。
ドアを開けて、誰が来ているか...

これが醍醐味かなぁ。

あとは普段できない華やかでセクシーなお洒落が堂々と出来て、お喋りあり、ライブ演奏あり、照明は暗いから細かいこと気にしないで済むし、なにより踊ることは本能の喜びに繋がるし...

タンゴは素晴らしい文化だと思います。

タンゴはいくつからでも始められるダンスです。
ぜひあなたも一度アルゼンチンタンゴの扉を開いて魅力を知って下さいね。


   


 

2024-03-23 13:09:26

オーナーデザイナーのブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント